FC2ブログ

記事一覧

日々の中で

【手を繋ぎ 二人歩いた 木陰径 香り懐かし 夏蝉時雨】

『夏の日差しを避けて彼女とよく近所の林を散歩した。セミの鳴く声と夏の香りが季節を彩る。夏になり、この香りとセミの声を聞くたびに思い出す。若かりし頃の自分が蘇る。』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jakusui

Author:jakusui
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ