FC2ブログ

記事一覧

日々の中で

【寒風に 佇む姿 聖牛に 激しさ語る 決戦の後】

『秋も深まった河原に行った。かんぷうが吹くなか、川に数基の聖牛を見た。夏の台風や大雨の後だろうか。いずれの聖牛にも流木や葦、中にはビニール袋などのゴミが引っ掛かり、夏の激流との戦いが想像された。』
*聖牛とは今で言えばテトラポットみたいな物でしょうか。急流で堤防が削られないように、流れを緩衝させるために丸太で作った三角錐の形をした物。せいぎゅうやひじりうしとも言う。有名な呼び名では信玄堤と呼びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jakusui

Author:jakusui
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ