FC2ブログ

記事一覧

日々の中で

【陽だまりに 舞いせし蝶の 可憐さに 一時和む 峠茶屋】

『旧街道の宿場から、次の宿場まで歩いてみた。途中から延々と続く坂道。辞めておけば良かったと後悔し始めた。その時だ。正しく峠の茶屋という店があった。すぐさま外の長椅子に腰を下ろした。木々に囲まれ、日陰になり涼しい。目の前に、一角だけ木々を縫うように陽がさしている。すると、何処からともなく二羽三羽と蝶が集まって来た。やがて数は増え、蝶の乱舞が始まった。しばし見惚れて、疲れた身体とヘコタレた精神が癒された気がした。』
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント