FC2ブログ

記事一覧

日々の中で

【 友の手を 見ればあかぎれ すまないと 苦労残して 逃れたあの日 】


『もう、30年も前の話だ。新しく来た上司の高慢な態度に、私は即座に退職願いを書いて、その上司に渡してやった。その上の上司のからは、思い止まるように一週間も説得された。だけど私は辞めた。同じ職場の、同い年の友一人に苦労を残して。見れば手にはあかぎれが、無論私の手にもあかぎれがあった。まだ二十半ばの若い手にだ。ごめんねナオちゃん、元気してるか?』
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント