FC2ブログ

記事一覧

代議士を選ぶ

私達が国政選挙に参加した後に政党や政治家に不満を抱くと
裏切られたとか失望したなどと口にする。

けれど、そんな事は最初から分かっていたはずである。
金に困らず、人生を歩んで来た人間を国会議員に選んだって何一つ

庶民のための政治など行ってくれない事を。
自分達を物事の中心に置いているので、当然の結果である。

裏切られたとか失望したと嘆くより、自分の判断の甘さに後悔した方が良い。
そもそも、ぼんぼんお嬢さん育ちで、お手伝いさんがいる家庭で育てられた人間が

どうして庶民の生活を理解できるだろうか。二代三代四代と継がれるたびに平民の思いは消えていく。
かつての首相でも何人もの世襲議員がいた。

中には国民が熱狂するような首相もいたが、結局はぼんぼん育ちのもやしっ子だ。
人気があったのは、他の人間と違うからだ。

人は奇異な者を見ると興味を抱く。いわゆる恐いもの見たさで、注目をしていただけだ。
次は、何をやらかしてくれるのかって。

幼い頃から親の権力を見ているので、自然とワガママが身についてしまう。
金もあり、何一つ不自由なく育ったもんだから、何でも自分の思うようになると信じている。

人生ある意味、錯覚して生きている。  それにこうゆう人間は、負けず嫌いが多い。
そして多くが素直じゃない。

窮地に立たされると虚勢を張りよく吠える。 元大物総理のあの娘も同類だ。
世のご婦人達に聞いた、その娘の何処が好きかと。

返ってきた言葉がいい。それは庶民的だからとか、ズバズバものを言うからとか答えていた。
あんな豪邸に育って、お手伝いさんがいて何不自由なく育った人間の

一体、何処が庶民的なのか聞きたいぐらいだ。
とびっきり、ワガママに育ったものだから、他人の事は一切考えず物事をズバズバ言う。

これは、ワガママに育ってきた人間の特徴の一つだ。
やたらかまわずズバズバものを言うのは、私には何も怖い物は無いと言っいる証だ。

金も人脈もあるので、何も怖い物は存在しないのであろう。
わがままに育ったものだから自分の思いが通らなければ、この世の終わりの如く怒り狂う。

そして吠えまくる。こんな人間の何処が庶民的なのだろうか。
一体、何を手本に庶民のための政治を行っているのだろう。自らが体現していないので分からない。

だから、こういった人物を代議士に、据えても無駄なのだ。期待するだけ、裏切られた時に腹が立つ。
でも諦めてしまって、政治に関心がなくなるのも良くない。

どういう人間を、私達の代表にするのか。それは、私達個人個人が握っているのだ。
それには、選挙の方法も変える必要がある。比例代表制はいらない。

私達は、どうにでも変えられる力を持っているのだ。大勢に流されるのは簡単だ。
何も考えなくていい。右の人が右と言ったら右にすてばいい。左なら左だ。

でも、それでは何も変えられない。
だから選挙の時には世の中を変えようと思うなら、洞察力を磨き選挙に臨もうではないか。

人の命は平等だけれど、育った環境や受けた教育は平等ではない。
それをきちんと理解していれば、物事の判断も心眼を持って決まるだろう。

黒を白と言える国会議員が多くいる中、果たして本当に平民の味方になる人物は何人いるだろうか。
大党に属していなければ何も出来ない国会議員。

何かを成し遂げるために大党に身を委ねてみる。
しかし、月日が流れるうちに高い志も何時しか消えてなくなってしまう。

元々生活水準が高いので、自然と金への執着が湧いてきて、庶民の味方をしてくれる代議士など稀有な存在となってしまった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jakusui

Author:jakusui
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ