FC2ブログ

記事一覧

スーパーの面接で

ある年に、スーパーの面接に行った。アルバイトの面接だ。
アルバイトの面接なのに、三回も店に足を運んだ。一回目は見学。

二回目は面接、三回目は適正検査。その二回目の面接の時だ。
普通なら「販売業は好きですか?」とか「包丁は使えますか?」とか「野菜は好きですか?」

とか「料理をするのは好きですか?」とか、そういった類の質問をしてくるものだと信じていた。
面接官は言った。「えーと、柔道をやってたんですか?」「あー空手もやってたんですね。」

「なら喧嘩なんかも強いんでしょうね。」一応答えた。「両方とも黒帯ですから」と。
面接官はこのスーパーの店長だ。店長は更に言う。「カワラは何枚位割れますか?」・・・

・・・怖くなった。それと共に、「アレッ、ここスーパーだよね?」自分の記憶を辿ってみた。
・・・合っている。確かに俺はスーパーの面接に応募した。間違いない。

家に帰り妻に言った。「新しく出来たあのスーパー、スーパーだよね?」
妻が言う。「何言ってんの?」 やっぱりスーパーみたいだ。

後日、店長が指定した日に適正検査を受けに行った。結果は連絡するという。
俺は数日考えた。店長が言った一言一句を思い出しながら冷静に。

俺の考えは固まった。「このスーパーは行っちゃダメだ!」と。
このスーパー、きっと何か悪い事をしていて、その片棒を俺が担がされるのだと。

例えば売掛金の回収とか、脅しまがいの商品仕入れとか、もう妄想は止まらない。
結局、スーパーからの結果が出る前にこちらから断った。

何か良からぬ事をさせられたら、やっぱり怖いと判断したのだ。
だっておかしいだろ。カワラが割れてスーパーに何の得がある?喧嘩が強くて何の得がある?

店長さん、俺はただこの新しいスーパーで、静かに穏やかに仕事がしたかっただけなんだよ。
何かやっているんでしょ?誰にも言わないから教えておくれよ、本当の事をさ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jakusui

Author:jakusui
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ